子どもが産まれて思う3つのこと

f:id:Piyori78:20190524002719p:image

こんにちは、皆さんお元気ですか?

私は毎日の育児と家事でちょっと疲れが溜まってきてます。

適度に休憩しなきゃですね。

 

さて、我が家では娘の"ちゃか丸"が産まれてもうすぐ7ヶ月になります。

 

親になるって不思議なもので、たった7ヶ月なのにたくさんの心境の変化がありました。

今回はその中から3つをピックアップしてお送りします。

 

目次

  • もっと早く会いたかった!

  • 親の心子知らず

  • とにかく元気に大きくなって欲しい

 

もっと早く会いたかった!

はい、まずはこれです。

元々子ども好きではありましたが、やっぱり我が子は格別でした。

こんなに可愛いならもっと早く会いたかった!

 

私は今28歳で、夫とは20歳の頃から一緒に暮らしています。結婚したのは26歳の時。

 

二人とも「子どもはできれば欲しいね」という考えでしたが、「妊娠は結婚してから」・「学生のうちは結婚はまだ」・「就職してすぐ結婚報告はしづらいから何年か働いてから」と、周りの目を気にしてなかなか次の一歩が踏み出せませんでした。

 

また、子育てに関するニュースや厳しいコメントなどを見て「ちゃんと育てられるのか」と不安ばかりが募っていく状態。

 

でも今は、そんなに難しく考える必要はなかったんだと思います。

もちろん不安はまだあるけれど、そんなのちゃか丸の笑顔が吹っ飛ばしてくれます!

そして、「何かあってもこの子のためなら全力でなんとかする!」と前向きに考えるようになりました。強くなった。

 

もし過去の悩んでた自分に会えるなら、「大丈夫だから早く前に進みな!」と背中を押してやりたいです。

 

親の心子知らず

子どもの頃、母が"はじめてのおつかい"や感動系のテレビ番組で泣くのを「お母さんまた泣いてる〜!」と笑って見ていたのを思い出します。もう私も母を笑えない…。

 

ちゃか丸が産まれて、色々なものの見え方が変わりました。子ども関連の話題に敏感になったり、誰にでも親がいるって事実を改めて意識してみたり…

特に子ども関連の話題って何でも我が子と重ねて見ちゃうんです。

 

親の気持ちがやっと分かるようになりました。

 

とにかく元気に大きくなって欲しい

私も夫も、今1番願っていることです。

大きな病気も怪我もなく、元気に成長してほしい。そしてたくさんおしゃべりしたいし、お出かけもしたい。

毎日のちょっとした成長が本当に喜びなんです。

 

実際大きくなってきたら「もっと成績が良くなってほしい」とか「もっと運動ができてほしい」とか、欲が出てくるかもしれません。

そんな時には、今のこの気持ちを思い出したいです。

 

 

以上、「子どもが産まれて思う3つのこと」でした。

皆さんはどうですか?心境の変化、やっぱりありましたか?

 

大変なことも多い育児ですが、初心を忘れずに毎日を大切に過ごしたいですね。

 

ではまた。

おすすめの記事