ブリの卵で!自家製からすみ作り

f:id:Piyori78:20190530235957p:image

こんにちは!

突然ですが皆さん、おつまみといえば何を思い浮かべるでしょうか?

サラミ?チーズ?さきイカ

絶妙な塩気とコクがたまりませんね!

 

中でも忘れちゃいけないのが『日本三大珍味』。

ウニ、からすみ、このわた…美味しいけど高級品ばかり。

「自分で作れたらいいのになぁ」なんて思いませんか?

 

実は自宅で作れるものもあるんです!

今回は安価なブリの卵自家製からすみ作りに挑戦しました。

 

*魚卵の写真があります。苦手な方はご注意ください。

 

目次

  • からすみって何?
  • 作り方
  • いざ調理!(写真付き)
  • 実食・感想
  • まとめ

 

からすみって何?

からすみ(唐墨、鰡子、鱲子)は、ボラなどの卵巣を塩漬けし、塩抜き後、天日干しで乾燥させたもの。

名前の由来は形状が中国伝来の墨「唐墨」に似ていたため。

カラスミ - Wikipedia

つまりは"魚の卵の干物"

ボラの卵で作るのが一般的です。(粒子が細かく、食感よく出来る)

手間と時間がかかるため、一腹2000円〜3000円以上する高級品。

食べ方は生の大根に乗せる「からすみ大根」や、削ってソースにする「からすみパスタ」などがあります。

 

作り方

大まかな手順は以下の通りです。

  • 血抜き
  • 水にさらす(1日)
  • 粗塩に漬けこむ(1週間前後)
  • 塩抜き(1日)
  • 酒漬け(1日〜1週間)
  • 乾燥(1ヶ月前後)

 

やっぱり時間がかかりますね。

根気よくやっていきましょう!

 

いざ調理!

f:id:Piyori78:20190531003721p:image

ブリの真子が安く手に入ったので、こちらで作ることに。

好奇心旺盛な夫が調理してくれました!

 

血抜き

f:id:Piyori78:20190531004124p:image

炙って消毒したマチ針を使って、血管に穴を開けていきます。

ボラは血管が一筋ですが、ブリの場合は網目状に走っていて難しかったです。

 

水にさらす(1日)

f:id:Piyori78:20190531004447p:image

先ほどの卵を水にさらします。

おそらく煮付け用なので皮が破けてますが、見ないフリ!

水にさらすことで穴から血が抜けていきます。

1日経つとこんな感じに。

f:id:Piyori78:20190531004645p:image

血管の色が薄くなっていますね。

さすがに全部は抜ききれず、このくらいで次に進むことにしました。

 

粗塩に漬けこむ(1週間前後)

f:id:Piyori78:20190531005115p:image

卵全体を粗塩で覆い、冷蔵庫へ。

水がどんどん出てくるので、流して塩を足すことを繰り返します。

今回はちょうど1週間漬けました。

1週間後には、水分が抜けて固くなっています。

 

塩抜き(1日)

粗塩を洗い流して水に浸します。

この時、水に塩を1つまみ入れておくと早く塩抜きできますよ!(迎え塩)

朝に水につけて、夜まで置きました。

 

酒漬け(1日〜1週間)

f:id:Piyori78:20190531010417p:image

ここでからすみの風味が決まってきます。

使うお酒の種類も、漬けこむ日数も人それぞれ。

私たちは日本酒に4日間漬けてみました。

中にはワインを使う人も!フルーティな仕上がりになりそうですね。

 

乾燥(1ヶ月前後)

f:id:Piyori78:20190531010859p:image

一番時間を喰うのがこの工程。

酒から出した卵を網に並べ、天日干しします。

100円ショップやホームセンターで売っている干物用ネットが便利です。

 

5月に作ったので日中は暑くて外に出せず…冷蔵庫内で干しました。

夜だけ外干しして、なんとか腐らせずに乾燥成功!

 

3日後の様子がこちら。

f:id:Piyori78:20190531011415p:image

1週間後、かなり固くなってきました。端っこを少し味見。なかなかいい感じです。

f:id:Piyori78:20190531011736p:image

20日ほど干して、完成!

かなり平べったくなりました。何でだろう?

f:id:Piyori78:20190531011459p:image

 

実食・感想

f:id:Piyori78:20190531013658p:image

大根に乗せて、いざ実食!

うん、ちゃんと出来ています。

日本酒の風味と塩気がいい感じ。食感も◎

ボラに比べてネットリ感は薄いです。

直火で炙るとさらに香ばしく美味しくなりました。

次はパスタも試してみたい!

 

まとめ

からすみ作り、ブリの卵でも十分おいしくできました。

日数はかかりますが、できた時の喜びはひとしお!

思ったよりも日本酒の風味が残っていたので、お酒の種類を変えることでまた違った味わいになりそうです。漬け込み日数も要研究ですね。

次回は天日干しできるよう、秋冬に仕込んでみます。

乞うご期待を!

 

おすすめの記事