【福岡】"こんにちは赤ちゃん訪問"体験記

f:id:Piyori78:20190524014915p:image

こんにちは!ここ数日、ちゃか丸の夜泣きに翻弄されているぴよりです。

 

みなさんのお宅では"こんにちは赤ちゃん訪問はもう済みましたか?

我が家は今日訪問があり、民生委員のおばあちゃんがいらっしゃいました。

 

知らない人の訪問って不安ですよね。しかも赤ちゃんを見られるわけですから、「何を言われるんだろう」とドキドキする方も多いはず。

 

そこで、今回は我が家の赤ちゃん訪問の体験談をまとめました。

これから訪問を控えてる方、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

目次

  1. 「こんにちは赤ちゃん訪問」って?
  2. 民生委員・児童委員って何?
  3. 訪問までの流れ
  4. 訪問の内容

 

1.「こんにちは赤ちゃん訪問」って?

f:id:Piyori78:20190513233212j:image

地域と子育て家庭のつながりをつくること・子育て支援情報を提供することを目的に行われる、民生委員さん・児童委員さんの家庭訪問です。

厚生労働省が「乳児家庭全戸訪問事業」という名前でガイドラインを出しています。

要するに、"子育て家庭が孤立しないように、赤ちゃんのいるお家全部に訪問して繋がりを作ろうよという取り組みですね。

助産師さん・保健師さんの乳児訪問とは別です。(福岡市の場合)

 

厚生労働省ガイドラインでは「生後4ヶ月を迎えるまでの間に」とされていますが、福岡市では生後7ヶ月頃が対象(我が家のちゃか丸もちょうど7ヶ月になったところです)。ここは自治体によってバラつきがあります。お住まいの地域ではいつ頃の訪問になるのか確認してみてください。

 

2.民生委員・児童委員って何?

f:id:Piyori78:20190513225155j:image

*民生委員・児童委員のマーク

 

厚生労働大臣から委嘱された、民生委員法に基づく地域ボランティアさんです。児童福祉法の「児童委員」も兼ねています。目印は四つ葉のクローバーのようなバッジ。

赤ちゃん訪問以外にもいろいろな地域福祉活動に従事されてるそうですよ。大変ですね…。

 

3.訪問までの流れ

福岡市の場合、4ヶ月検診時の問診票に「"こんにちは赤ちゃん訪問"の事前連絡のため連絡先を民生委員に伝えてもいいですか?」という質問があります。

私はここで「はい」にチェックしたので、訪問の数日前に知らない携帯番号から着信がありました。「いいえ」の場合は直接訪問かな?

 

そしてその着信、外出中で気付けませんでしたorz   折り返しかけ直すも繋がらず…。

そのうちまたかかってくるかな〜なんて呑気に構えたら、数日後買い物から帰ってくるとポストに不在票が。すれ違いになってしまったんですね、申し訳ない…。

 

不在票には次回の訪問予定日時が書いてあり、それが今日だったわけです。

 

4.訪問の内容

f:id:Piyori78:20190513233326j:image

家で訪問を待っていると、民生委員さん到着。ニコニコ明るいおばあちゃんでした。

 

お祝いにガーゼハンカチをいただきましたよ!障害福祉サービス事業所で作ってるそうです。ハリネズミ柄が可愛い。

 

家に上がっていくのかなぁと思ったら、玄関先で手短に終了。(ちゃか丸を抱っこしたまま応対)

お話の内容はこんな感じです。

  • 子育てはどう?
  • 何か困ったことはありませんか?
  • 夜泣きする?→この頃泣くようになったことを伝えると「知恵がついてきたのねぇ(ニコニコ)」
  • お仕事はされてるの?
  • 近くの公民館で子育てイベントやってるので遊びに来てね(チラシ渡される)

 

公民館の案内以外は世間話ですね。時々ちゃか丸にも話しかけたり構ったりしてくれましたよ。子供の扱い、慣れてらっしゃいます。

 

気になったことが1つだけ。来年復職予定だと話した時に「あらそうなの。(ちゃか丸に向かって)来年からお仕事なんだって。お仕事が始まったらあなたに構ってられなくなるねぇ。」って言われちゃいました。

悪気はないんだろうけどちょっとだけモヤモヤ…心が狭いかな?

それ以外は楽しくお話できました。育児に専念してるとどうしても家族以外の大人と話す機会が減ってしまうので、こういった機会は貴重ですね。

公民館のイベント、いつか覗いてみたいと思います。

 

 

いかがだったでしょうか?なんとなく流れや雰囲気を掴んでいただけましたか?

私も訪問前は「何を話したらいいんだろう?」とドキドキでしたが、蓋を開けてみたら何も緊張することはありませんでした!

これから訪問の方、地域の情報をGETしつつ気楽にお話してくださいね。

 

以上、ぴよりでした。

 

 

おすすめの記事