【体験談】ぴより家の離乳食記録    〜離乳食初期  1週目〜

f:id:Piyori78:20190602225212p:image

母乳やミルクをたくさん飲んで、毎日すくすく成長していく赤ちゃん。

5〜6ヶ月頃からついに食べ物を口にできるようになりますね!

まずはアレルギーの出にくいお米(おかゆ)から始めるのが基本です。

 

いつ頃はじめようか、お悩みの方もいらっしゃるでしょうか?

ぴより家ではちょうど5ヶ月になった日から離乳食をスタートしました。

 

最初はほんのちょっとしか食べられなかったご飯。

今では食べられる食材が増え、モグモグできるようになり、お口を開いて催促してくることも。嬉しい限りです。

 

ここに至るまで色々な調理方法や食材を試してきました。

その過程を、この場を借りて公表します!

 

赤ちゃんの反応などもコメントしていきますので、ぜひ参考にご覧ください。

 

目次

  • 初日
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目〜7日目
  • まとめ

 

初日

  • 10倍がゆ

 

はじめての食べ物。

少し多めにおかゆを作り、ミキサーにかけてドロドロに。

小分けパックに入れて冷凍し、1週間分ストックしました。

小さなスプーンに少しだけ乗せて、3匙くらいお口にイン。

「何だこれ!?」って変な顔。

 

2日目

  • 10倍がゆ

 

口元にスプーンを持っていくも、お口を「ムッ」と結んで拒否されました。

1匙しか食べず…。

 

3日目

  • 10倍がゆ

 

この日もお口を「ムッ」とするので、先に授乳してみることに。

すると、2〜3匙くらい食べてくれました。

まだ"お腹がすいた=授乳"なので、食べることと結びついていない様子。

 

4日目〜7日目

  • 10倍がゆ

 

授乳→離乳食の順番でおかゆをあげてました。

量は食べなくていいから、とりあえずご飯に慣れさせる作戦。変な顔はしなくなりました。

まだ飲み込むのが下手で、口から垂れてよだれかけがびしょびしょに…。

 

まとめ

1週目はおかゆだけなのでまだ地味ですね。

ミキサーを使って、粒がないくらい滑らかにしてあげてました。

それでもやはり違和感があるようで、変な顔をしてベーっと出してしまう日も。スタイ必須です!

初めて母乳以外のものが入るわけですから、まぁ仕方ないのかな。

 

調理に関しては、小分けパックと冷凍庫の活用がとても便利。

1週間分一気に用意することができます。

朝の忙しい時間、レンジ調理だけで済ませられるのは◎です。

この小分けパック方式は今も活用していますよ!

 

こうして初めての離乳食がスタートしました。

つい数ヶ月前のことなのに、少し懐かしいです。

2週目からはおかゆだけでなく野菜をプラスできるようになってきます。

 

お楽しみに!

 

こちらもおすすめ↓

【離乳食初期/体験談】ぴより家の離乳食記録 〜5ヶ月2週目〜 - 今日も明日もいい日和

 

おすすめの記事